美ー子ちゃんの今週の一枚
餓鬼レンジャー『ティンカーベル ~ネバーランドの妖精たち~』

第7回 餓鬼レンジャー『ティンカーベル ~ネバーランドの妖精たち~』

餓鬼レンジャー『ティンカーベル ~ネバーランドの妖精たち~』

意味、意味、意味、意味、意味、意味…。
毎日毎日意味のあるニュースに意味のある何かを感じて、意味のある仕事について意味のある働き方で働いて、意味のある額の給料をもらって、意味のある生活を送って意味のある趣味を持って意味のある本を読んで。意味のあるツイートをして意味のある事に怒って。
……まったくもって、いまの世の中意味のある事だらけで意味疲れよね。まるで意味のある人間でなければ人間である意味がないみたいじゃない。

そんな意味に疲れた現代社会のみんなにおすすめしたいのが、この結成25年を誇る餓鬼レンジャーの通算8枚目のオリジナルアルバム『ティンカーベル ~ネバーランドの妖精たち~』よ!この奇抜としか言いようがないタイトルの通り「いつまでも"ガキ"のまま、大人にならないネバーランドの妖精たち」をテーマに、上記の社会の空気を無視したかのような、あるいは逆に思い切り反映したかのようなフリーダムな楽曲が目白押しよ。

ただ、注目すべきはやっぱりラップの上手さよね。古今東西のラップの上手いラッパーをゲストに迎え、「意味はないけどとにかくラップは上手い」ってのが餓鬼レンジャーならではよね。フィメールMCのあっこゴリラとなかむらみなみもインパクト抜群、あと餓鬼レンジャーおなじみのintroやskitも最高の出来で、最高に面白いけど最高に意味がないskit「妖精VS人間」あたりから聞いて欲しいわ。おおいに「意味無(な)!!」って気持ちになれるから。(2019年4月リリース)

「美ー子ちゃんの今週の一枚」第7回

『ティンカーベル ~ネバーランドの妖精たち~』通販サイト
AmazonHMVTOWER RECORDSWENOD RECORDS

服部昇大
服部昇大
TwitterPIXIV FANBOX

1982年、岡山県出身。2004年、『未来は俺等の手の中〜J.P. STYLE GRAFFITI〜』で、第67回手塚賞準入選。著書に『魔法の料理 かおすキッチン』全3巻、『ダークアクト』全1巻、『今日のテラフォーマーズはお休みです。』全6巻、現在「スピネル」にて連載中の『邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん』1~3巻(全て集英社)など。2017年に6代目作画担当に就任した「日ペンの美子ちゃん」の公式Twitterで発表された漫画を集めた単行本『6代目 日ペンの美子ちゃん』(一迅社)も発売中。